外国人技能実習生共同受入事業


 技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは、開発途上国の青壮年労働者を一定期間日本の産業界に受け入れて、日本の技術・技能・知識を習得させ、移転することで母国の経済発展に役立ててもらう制度です。
組合員企業の業種に則った人材を受け入れ、組合員企業の発展に貢献するとともに、国際貢献に大きく寄与するものです。当組合では、組合員企業にて技能実習を行うベトナム人技能実習生の受け入れ事業を実施しています。
入国後、当組合にて日本語等の講習を約1カ月実施した後、組合員企業において技能実習を開始します。技能実習2号移行対象職種に該当している場合は、入国から1年以内に技能検定等を実施し、さらに2年間の技能実習が可能ですので、最大3年間の実習が可能です。

このページの先頭へ

 実習生の条件

講習の写真1

このページの先頭へ

 受け入れ企業のメリット

講習の写真2

◆職場内の活性化
研修生は18歳から30歳位までの若い男女であり、夢と希望を持った実習生たちの取り組み姿勢が職場内の社員への刺激になり、勤労意欲と生産性の向上、職場環境の改善につながります。

◆国際貢献
受け入れた実習生が、帰国後に修得した技術・技能・知識を母国に伝えることで、開発途上国の産業経済の発展に寄与することができます。また、現地とのネットワーク構築がなされることから、ビジネスの拡大、組合員企業の将来的な海外進出のための礎を築くことができます。

このページの先頭へ

 実習生選抜

◆ベトナム人実習生の特徴
当組合ではベトナム人実習生のみ受け入れを実施しています。その理由としては、次のようなものがあげられます。

◆ベトナム国提携送出し機関の特徴
ベトナム国営企業が運営しており、2000年から日本、アメリカ、フランスなど20カ国に対し、機械・縫製・農業など様々な業種で延べ16,000人以上を派遣している送出し機関です。日本へは現在までに600人以上を派遣しています。
長年の経験から日本の受け入れ企業の要求を的確に把握し、ニーズに沿った実習生をその関連会社や子会社から選抜するため、質の高い人材を安定的に確保できます。送出しのための各種手続きに関しても、国営企業のスケールメリットを生かし、迅速な対応と高い信頼性を有しています。

◆ベトナムにおける日本語教育機関の特徴
ベトナムにおける日本語学第一人者である先生が校長を務める教育機関と提携しており、現在、ベトナム人日本語教師35人と3人の日本人教師で約500人の生徒を教えています。
実習候補生は、全寮制の厳しい環境で日本的な寮生活規則のもと勉強しており、日本入国後の寮生活にもすぐに適応できます。
候補生は日本入国前に約400時間の日本語授業を受講し、日本語能力検定3級レベルをクリアしております。更に日本留学・研修経験のある教師陣は日本語を教えると同時に、日本におけるマナー、文化を紹介することで日本での生活に即応できる教育がなされています。

このページの先頭へ

 組合のサポート体制

◆通訳の常駐
ベトナム語通訳として、ベトナムで日本語教師をしていたベトナム人(日本の国立大学大学院卒業)を招へいし、実習生と受け入れ企業の双方が円滑に仕事をすすめられるようサポートいたします。
実習生の日本語教育から職場内での標語翻訳、作業手順書の翻訳等、快適で効率的な職場作りのお手伝いをいたします。

◆書類作成等の事務代行
実習生受け入れに関わる書類等の作成、公的機関との折衝等、各種の手続きを当組合にて実施いたしますので、受け入れ企業の負担がかかりません。

◆定期訪問
当組合の専任スタッフが受け入れ企業を定期的に訪問し、各種ご相談を受けると同時に実習生のケアも行い、企業と実習生のより良い関係構築に努めます。

◆レクレーションの開催
年に数回、実習生、受け入れ企業従業員の交流と親睦を目的としてバーベキュー等を行います。国際交流の一環としてその他にもいろいろ計画しておりますので、随時お問い合わせください。

このページの先頭へ

 実習生受入れスケジュール

1.申し込み
当組合にて実習生受入れに関するご相談を受けます。その後、組合に対し実習生受入れ申し込みを行っていただきます。
2.候補者選考
ベトナムの送り出し機関に所属する実習生候補者の中から、書類選考、健康診断、技能試験の結果により候補者の絞り込みを行います。
3.現地面接
企業担当者様と組合担当者が現地での面接を実施し、性格や技能を参考に合格者を最終決定します。
4.在留資格認定証明書の申請手続き
当組合が2カ月以内に技能実習生在留資格認定証明書申請関連書類を作成、法務省入国管理局へ提出します。
5.現地教育
実習生はベトナムの日本語学校において日本語学習を3か月間実施します。同時に日本滞在に不可欠となる知識、習慣を教育します。
6.在留資格認定証明書交付
法務省入国管理局から交付された在留資格認定証明書を、送出し機関を経由して実習生へ送付します。
7.入 国
ベトナムの日本大使館にてビザ取得後、入国します。
8.入国時講習
入国直後、組合において日本語教育、交通安全教育等の講習を1か月間実施し、日本での生活に徐々に馴染ませます。
9.配 属
受入企業へ配属となります。

このページの先頭へ

 技能実習2号移行対象職種

当組合で実際に実習生を送り出している職種・作業のみ記載しています

1 農業関係

職種名 作業名
耕種農業 施設園芸
畑作・野菜
果樹

2 漁業関係

職種名 作業名
【該当なし】 【該当なし】

3 建設関係

職種名 作業名
冷凍空気調和機器施工 冷凍空気調和機器施工
かわらぶき かわらぶき

4 食品製造関係

職種名 作業名
【該当なし】 【該当なし】

5 繊維・衣服関係

職種名 作業名
【該当なし】 【該当なし】

6 機械・金属関係

職種名 作業名
鉄 工 構造物鉄工
工場板金 機械板金

7 その他

    
職種名 作業名
塗 装 金属塗装
溶 接 手溶接
半自動溶接
工業包装 工業包装
コンクリート製品製造 コンクリート製品製造
ゴム製品製造成形加工
押出し加工
混練り圧延加工
複合積層加工

このページの先頭へ

Copyright © 2010 CEBCA All Rights Reserved